平成30年 6月


今後の商業振興策は

議 員

 起業・創業支援を行う際に、まずは事業承継を考えている商業

者を紹介できることが望ましいが、現在の状況は。


事業承継、ナナカード増加、前向きなイベントの支援を実施

町 長

 事業承継は、青森県事業引継ぎ支援センターへの紹介と、商工

会に個別相談のあった事業者の把握に止まっている。

 昨年度末、七戸町商工会が策定した経済産業省の事業の経営発

達支援計画が認定された。この中の一つに、個々の店舗や事業者

が抱える問題に寄り添って指導や助言をしていく伴走型小規模事

業者支援推進事業がある。

 今年度、事業者とのヒアリングを順次進めていく中で、後継者

の有無、事業承継を考えているかなど詳細な情報が今後蓄積され

ていくと思う。

 これらの情報を共有・活用しながら、希望者とのマッチングに

つなげていければと考えている。


ナナカードについて。

議 員

@現在の会員数は。

A今までにどのような有益な情報が得られたか。

B今後の展開は。


町 長

@2、481人で、構成比率は、町内40%、県内53%、県

 外7%。

A年齢、性別、利用頻度、利用金額、地域特性等。

Bスマホ決済が主流になる時代が来ると予想されるが、カードに

 よるマーケティングは重要。その活用による継続取引、いわゆ

 るリピート率の向上と顧客単価を上げることに尽きると思う。

 会員数増加で分析戦略が顧客の囲い込みへつながり、さらには

 経営の安定につながるので、継続して展開していきたい。


議 員

 ナナカードは小学生からつくれるが、中学校を卒業する時点で

全生徒が所有し、ナナカードのメール配信機能で、文化祭などの

学校行事やクラス会のお知らせや成人式の案内などの情報も配信

できるようにすれば、一段と魅力が増すと思う。


議 員

 ピザカーニバルを山車団地前で行ったが、イベントで集客し販

売できる場所だと実感した。

@イベントを開催しやすくする考えはあるか。

A物産館、七彩館、花卉展示館では販売できない商品でも販売で

 きる施設を整備する考えはあるか。


町 長

@道の駅、山車展示館、山車団地エリアは、春まっり、秋まつり

 、秋の大収穫祭など、機会をとらえてイベントを開催してきた

 が、これからもこのエリアを拠点に、町内を循環するような工

 夫をしながら開催していく。また、賑わいをもたらす行事は大

 いに活用して頂き、前向きなイベントへの支援もしたい。

A販売拠点の整備は今のところは考えていない。

 しかし近年、駅周辺には、民間投資による進出が徐々に見えて

 来た。将来、販売実績や需要が増え、行政による投資の必要性

 を判断した時は、荒熊内地区総合開発計画の第2次計画あるい

 は第3次計画に盛り込む必要がある。


教職員の部活動の負担軽減について

議 員

@夏休み、冬休み、春休みの期間、教職員は定時に帰宅できてい

 るか。

A両中学校教職員の部活動に携わる総勤務時間は。


教育長

@緊急事案の発生等がない限りは帰宅できている。

A七戸中学校には8部活動があり、平日は120分、教員20人

 全員が顧問。

 天間林中学校には5部活動があり、5月1日から9月20日ま

 では110分、9月21日から4月30日までは80分、教員1

 2人全員が顧問となり対応。


議 員

 社会体育に切りかえる場合の課題は何か。


教育長

 日本中学校体育連盟と都道府県中学校体育連盟の組織改革、学

校設置者による研修、社会人指導者の確保です。


議 員

 外部指導員の活用は。


教育長

 顧問教員、生徒、保護者が一致して外部指導者を必要とするな

らとてもよい。外部指導者は、現在、七戸中学校は11人、天間

林中学校は3人に委嘱している。